前へ
次へ

教育のシステムはどんどん変わっていく

昭和と平成で教育の在り方は大きく変わりました。
これは教育システムが変化してきて、順位をなるべくつけずに平等に子供たちを扱うとか、ゆとり教育を施すなど教育制度そのものに大きな変更があったことを示しています。
その結果、制度が導入される前と後ではかなり違いができて、常識も大きく変わりました。
ゆとりを持って教育された子供たちはあまり競争を好まず、ともすると意欲も持たないケースが増えました。
ただ、それ以前の子供たちは塾などでとにかく受験のための教育をされ、疲弊しきっていたのも事実です。
ちょうど良い調整が行われず、極端な調整がされたために子供たちもどうすれば良いのか戸惑いました。
一番困ったのは教える側の先生たちでしょう。
教育は何を教えたらいいのかが明確に決まっていない場合、先生個人の主観などで教えるしかありません。
自分がかつて教わったことはすでに時代にマッチしなくなっている以上、先生たちは必死で今の子供たちに合わせる教育を探したわけです。

Page Top