前へ
次へ

国から教育ローンを受ける為に必要な知識

日本で教育を受ける際にお金が必要になってきますが、国が教育に必要なお金をローンとして融資して各家庭を助けてくれる仕組みがあります。
このローンは教育ローンと名付けられており、独立行政法人の日本学生支援機構が提供する奨学金とは別の制度です。
奨学金は学校に入学した後に分割で一定額が貸与されていき、返済自体を卒業した後に学生本人が行いますが、教育ローンは学生の保護者に一括で必要なお金が融資されて、返済も保護者が行うので、何方も教育を助ける為の仕組みですが、中身の内容は大きく違います。
その為、奨学金を受ける場合は学生本人の学力等が厳しく問われますが、教育ローンの場合は保護者がしっかり返済をする事が可能であれば、学生本人の学力を問われる事もないので、ローンを受けやすい特徴があります。
ローンを受けられる限度額は国内であれば350万円以内で海外留学の場合は450万円が上限となってきますし、扶養している子供に対する世帯年収と世帯所得で教育ローンを利用できる方を選別していくので、事前に対象の家庭に入っているのかを確認しておく事が必要です。

Page Top