前へ
次へ

いい結果と悪い結果をやる気につなげる

勉強の成果としてあるのがテスト結果かもしれません。
誰でも取るとうれしいのが100点満点で、間違いであるバツが一つもない答案を見るのは気持ちいいでしょう。
一方良くない点数のテストを見るとなぜこんな点数になったのだろうと悔しい気持ちが出てくるかもしれません。
高校では40点無いと落第点になります。
なかなか勉強をする気になれないときに気持ちを奮い立たせる方法として、いい結果と悪い結果を見ることが挙げられます。
いい結果を見ると頑張ればこんな結果が得られるとやる気に火をつけられるかもしれません。
いい結果を取ったときにどんな勉強方法を取ったのかを考えながら勉強してみましょう。
悪い結果を見る行為は反面教師的な役割があります。
悪い結果になったのにはそれなりに理由があり、その時は勉強をさぼったり授業で理解できない部分が多かったのかもしれません。
もう二度とそんな悪い結果を出さないようにしようと心に決めて勉強に取り組むことができます。

Page Top